第4学区 福岡魁誠

福 岡 魁 誠


所 在 地 糟屋郡粕屋町長者原122 電話番号 092-938-2021
交通アクセス JR「長者原」駅 
生徒人数
全校 男子 女子 1年 2年 3年
普通 824 402 422 280 273 271
学級数
21
教員数
60
募集定員 総合科 280名 〔推薦56名〕
入試データ
過去3年間入試データ
年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
学科 総合 総合 総合
募集定員 推薦 56 56 56
一般 280 280 280
志願者数 推薦 110 79 79
一般 525 417 484
志願倍率 推薦 1.79 1.41 1.41
一般 1.88 1.49 1.73
 特 色  ●「魁誠EE(English-Ecology)-Learning」スタート
《英語を中心とした学力向上策》
 英語教育をとおして「自ら学ぶ意欲的な心」を育て、他教科への波及効果によって
 総合的な学力向上を目指します。
@ 国際英語コミュニケーション能力テストTOEIC Bridgeと実用英語技能検定を全員
  受験し、それぞれの目標に向かって切磋琢磨する。
A 英国ウェールズの高校と環境をとおした継続的な交流を行い、英語の実践力を高める。
B AC(Active Comunication)研究会を創設し、日常的に英会話のトレーニングを行うととも
  に教 室の表示を全て英語にする。

《環境教育の重視》
 環境に関する体験的な学習を行い、環境保全や自然との共存について学びます。
@ エコロジー研究会を創設し、安全な食糧生産(米や野菜、果物)や風力・太陽光発電、
  ビオトープの作成などに取り組む。
A 環境学習と英語実践力を高めることを目的とした選抜生徒によるオーストラリア研修を
  実施している。
B 2年次に選択制研修旅行(シンガポール、東京・信州、北海道)を実施し、渡航先での環
  境保全についての取り組みを学ぶ。

●「魁誠SD-Learning」の導入
 本校では従来の予習を前提とした授業から復習を重視した「分かる授業」への工夫・改善を行っています。生徒は自己啓発・自己発展を意識しながら、授業に真剣に取り組み、毎時間教師も生徒も評価の眼を自分に向けます。具体的には授業の最後の5分間を生徒は「まとめの時間」として知識の定着を図り、先生は「評価の時間」として意欲や態度を評価します。従来のテスト中心の評価から生徒の多面的な観測別評価を大幅に取り入れています。このような授業改善策の総称を「魁誠SD(self-development)-Learning」と称し、日々継続することで「確かな学力」の向上を図っていきます。

● ルールを大切にする「楽しい学校」
 従来の一斉・画一的な指導から個に応じた指導への転換を図ることで「楽しい学校」づくりを進めています。月に一度の「マナーチェック」で服装や頭髪が高校生としてふさわしくない場合は厳しく指導します。ルールを守る生徒には「楽しい学校」で、ルールを守らない生徒には一時期「厳しい学校」になりますが、ルールを守ることで「楽しい学校」になるよう指導します。

● 二人担任制によるクラス運営
 生徒を多面的にサポートするために2人の担任でクラスを運営しています。40人の生徒に対して進路や興味・関心に応じた科目選択ガイダンスを行い、一人ひとりにきめの細かな対応をしています。
1年次では全員早朝課外、2年次から希望制により,それぞれの生徒に対応した個々への指導を行い、希望する進路実現を目指しています。

学校行事

4月

5月

6月

7月

8月

9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
部活動  [体育系]
 柔道、剣道、フェンシング、陸上、野球、バスケット、バレー、サッカー、
 ソフトテニス、ハンドボール、相撲
 [文化系]
 吹奏楽・新聞・茶華道・書道・イラスト・放送・演劇・文芸・写真

 〔研究会〕
 エコロジー研究会、キャリアアップ研究会、
 Active Communication研究会、ボランティア研究会(インフィニティ)
 修学旅行 3コース選択制
@「シンガポールの異文化理解」
世界第2位のコンテナ取扱量を誇るシンガポールで、現地大学生との班別行動や、
港湾や熱帯雨林でのフィールドワークを行います。
A「北海道のファームステイ」
農家に宿泊しての酪農体験、釧路湿原でのフィールドワーク、ラフティングなどの
アウトドアスポーツを行います。
B「東京・長野の環境学習」
白川郷での体験活動やディズニーランドでのキャンパスツアーなどを行います。 


合格大学 【平成18年度】
<4年制大> 81名
九州工業大学1、下関市立大学1、愛媛大学1、立命館アジア太平洋大学1、
福岡大学15、日本赤十字九州国際看護大学1、日本赤十字広島看護大学1、
日本体育大学2、日本大学1、福岡工業大学11、九州産業大学24、
九州国際大学4、筑紫女学園大学1、中村学園大学1、福岡女学院大学1、
久留米大学1、宮崎国際大学1、近畿大学産業理工学部1
<短期大> 37名
香蘭女子短期大学8、精華女子短期大学8、西日本短期大学6、
九州造形短期大学4、中村学園大学短期大学2、福岡女子短期大学1
〔専門学校〕 77名
麻生医療福祉専門学校、福岡医健専門学校、福岡柔道整復専門学校、
福岡リハビリテーション専門学校、辻調理師専門学校、中村調理製菓専門学校
《就職先》 74名
JR西日本、トヨタ自動車九州、高田工業所、日立産機システム、
西鉄ステーションサービス、警察官、自衛隊


●制服は深緑色系のブレザー。男子は青と白のしまネクタイ。女子は赤いリボン。
 どちらも胸にエンブレムがある。 イラスト


<周辺地図>





Copyright©2012 Koukounyushiengokai All rights reserved.